カテゴリ:釣り( 23 )

 

2008年 10月13日 五ヶ所湾でハマチ

f0060214_18414782.jpg
12日の日曜日は、朝からソフトボールのリーグ戦最終日。例によって大敗。(1分け6敗)

終わってすぐ、先日の防災訓練の反省会。終わってすぐ、町内の秋祭り&親睦会。

途中抜け出して、防災委員会の打ち上げ(宴会)。夕方には、ヘロヘロ・・・・。

けど、13日は釣りに行くもんね~、と、そそくさと準備して就寝~。



いくら飲んで酔っ払っても、目覚まし無しで2:30にパッチリ目が醒めた。悲しい性やねえ。



というわけで、毎度の五ヶ所湾で浮かんできました。



夜明けと共に出船。大アジの回遊ポイントに着けてアジを待ちます。

ここは、通りすがりのアジを待ち伏せするだけなので、10分間程の勝負です。手返し命です。

待つこと20分。キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!  ここで、早くも失態・・・。欲張って竿を2本出したために、アジが走ってお祭り状態に・・・。ロングハリスの胴付き仕掛がもう一つのPEのラインに絡まって戦闘不能。そのPEの先のサビキにも魚がついていますが、仕掛を解いているうちに

どっかへ行ってしまいました。、今度は1本竿で体勢を立て直しと キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!! 今度もデカい!! タモ タモ!! 探すが見当たらない・・・・・。積み忘れた・・・。 仕方ない、エイヤで抜き上げるとボートの縁に当たってポチャン・・・。(w_-; ウゥ・・

何とか後1匹だけ釣って、じあい終了。



次は、居付きの小アジ、中アジを狙いにポイント移動。魚探を見ると”居るやん”。

で、アジらしき群れと一緒に、ベイトの反応もビッシリです。ということは、このベイトをめがけて

”奴”が来るかも。と思いながらも、アジ釣り用のサビキを投入。20㎝前後のやつをポツポツ釣って

いた時、竿がタックルごと海中にもっていかれそうになりました。慌てて竿を握ると、ドラグが出て行きます。ホンマに”奴”が来てしまいました。

どうしよう・・・・仕掛は、小アジ用のサビキやし、それに、タモも無い・・・・。

竿はペランペランのソリッドグラス、クッションゴムも付いてる。ドラグも緩めて慎重にイナして

最後はヨッコラショと目をつぶって、神に祈りながら(オーバーか)、無事ランディング成功。

50㎝には足りないハマチでした。

すぐさま、タックルをヘビーなものに変えて、次を待ちましたが、来ず。



その後、奥さんのために、大キスを狙いに行きましたが、こちらはアタリもなくボーズ。

例によって、家族分のおかずは確保できたので、12時前には、沖上がりしました。
f0060214_18422391.jpg
f0060214_1843084.jpg
f0060214_18432395.jpg
f0060214_18433715.jpg
f0060214_18435397.jpg

[PR]

by kazuo1955 | 2008-10-14 18:43 | 釣り  

2008年 10月6日 引本でジギング

今回は、しきしまさんのご厚意により、引本でジギングをしてまいりました。
うっくんと、アキティさんは土曜から現地入りし、2連チャンらしいです。
到着すると、もんどさんもおられ、もう既に宴会の準備が・・・。
土曜当日、ゲットされた鯖(これがプリプリでめちゃ旨)、尾鷲港の朝市で手に入れた珍味等で盛り上がりました。

f0060214_18195252.jpg
f0060214_18201236.jpg
f0060214_18203521.jpg
f0060214_18205421.jpg


美味しい酒と料理をたらふく飲んで食って、就寝。

翌朝、しきしま号で尾鷲沖合いにいざ出撃~。

f0060214_18301877.jpg


釣果は、アキティさんがワラサを、もんどさんが鯖をゲットされた他は、ノーフィッシュ・・・。
けど、しきしま号でかっ飛んで、ジギング出来た事で、大満足でした。

昼からは、地元のてるさん宅にお邪魔し、美味しいコーヒーをご馳走になりました。
昼飯を食べ、次はスリースターに乗り換えて、お土産確保。
いつものてるさんポイントへ向かいました。20㎝前後の鯵がポツポツと釣れます。
なかなか口を使わないので、しゃくりながら、サビキを動かすと当たってきます。
このパターンが功を奏し、そこそこの数をゲット。

しきしまさん、大変お世話になり、ありがとうございました。
[PR]

by kazuo1955 | 2008-10-14 18:38 | 釣り  

2008年 9月23日 五ヶ所湾と防波堤.

台風も去り、地元の行事も終わり、キス釣りにでもと思っていましたが、海況が悪そうなので、又、いつもの五ヶ所湾にいきました。今回も、おなじみのもんどさん、うっくん、それに久しぶりにしきしまさんもみえて、いざ出船。ここのところ好調だった五ヶ所、台風の影響で変化があったのか・・・。
私のボートは船足が遅いので、皆さんより一足はやく、鯵、鯛ポイントへむかいました。ついてすぐ、魚探に反応があり、サビキを落とすと、着底する前にヒットします。
20㎝前後のアジです。”今回も調子エエやん”と思いましたが、しばらくすると、当りも止まり、それから後は音沙汰無しです。ボートを走らせ、魚探とにらめっこするも、アジどころか、今までいたベイトの反応が全然ありません。
台風が過ぎ、ベイトがいなくなった・・・・。しかたがないので、鯛狙いで、実績ポイントをゆっくり流しましたが、なんの反応もありません。同行の3人に連絡をとるも、全員玉砕です。ということで、昼には早々と沖あがりです。

しかしこれでは、帰れません!! 怒る奥さんの顔がちらつきますが、もんどさん、しきしまさんと一緒に、近くの漁港で、陸から再挑戦。
”ボート出して釣れんのに、陸っぱりで釣れるわけないやん・・・”とは思いましたがとりあえずGO!!
普段はあまり釣り人のいない波止がけっこう賑わっています。木っ葉狙いのファミリーフィッシングみたいです。
最初は、キスでもと、もんどさんと2人で竿を出しましたが、なかなかアタリはありません。私は23㎝のキスとあとピン2匹の釣果でした。
で、その時、投げている最中に、目の前で、ナブラがたちました。時々光る銀色の魚体。メッキ?サバ?サゴシ?遠目なのでその正体がわかりません。もんどさんと一緒に、ジグをつけてナブラ撃ちです。しかし、距離が遠いのと、ナブラの出所が神出鬼没なので、なかなかヒットしません。あきらめて、投げサビキの用意でもと思っていた矢先、すぐ目の前で、ナブラが! 近くにいたお父さんがミノーを投げるとヒット!!
お父さん、寄せるのに苦労しています。なんかメバルロッドみたいです。タモがあればアシストしてあげられるのですが、あいにくタモはなし。そうこうしているうちに、足元で痛恨のバラし。ナブラの正体は、ソーダカツオでした。
で、正体が分ったところで、投げサビキに専念。もうすぐ日も落ちようかという時間帯に、浮がすっと入りました。手ごたえ十分です。慎重に引き上げると、狙っていた30㎝クラスの大アジです。
”ほほ~、おるやん”で、同クラスのコノシロが2本、これはお帰りいただきました。最後に、又、浮が入り、今度はさらに強い手ごたえ。33㎝のアジでした。

ボートで散々、探し回ったアジがこんな所にいたとは・・・・
釣りってよくわからないものですねぇ。

f0060214_11482420.jpg
f0060214_1149213.jpg

[PR]

by kazuo1955 | 2008-09-24 12:01 | 釣り  

2008年 8月23日 五ヶ所湾  風強し 水温24度

またまた、もんどさんからのお誘いを受けて、五ヶ所湾へ。
今回は、名古屋から、すぎなりさん。大阪からアキティさん。近所のうっくんも
来るということで、プチオフとなりました。

f0060214_14412793.jpg


今回も、メインは40cmの大鯵ねらい。
早速、実績ポイントへ集結しました。が、風が強くて、なおかつ、養殖筏のロープが邪魔をして(こっちが邪魔なんですが・・・)なかなかアンカーが決まりません。で、待つこと小一時間、大鯵は回ってきませんでした。

皆さん、各々これはというポイントに散らばって、海の上で情報交換です。
で、結局、島裏の30メートルくらいの急な落ち込みの場所で、中鯵を釣ることとなりました。カタクチ、ウルメも混ざって、20㎝前後の鯵がコンスタントにつれました。
で、仕掛を上げていた置き竿が急に沈みました。何かに引っ掛ったと思いてに取ると
強い魚の反応・・・。なんと、表層でハマチが食いついたのでした。釣ったというより、たまたま掛かったわけですが、嬉しい外道です。

その後、塩焼きサイズの小鯛を追加して、エサも尽き、他の皆さんも同様の様子。
飽きない程度に、捌き疲れない程度に魚と遊んで帰りました。

f0060214_14543339.jpg

[PR]

by kazuo1955 | 2008-08-26 15:06 | 釣り  

2008年 8月17日 五ヶ所湾  波風なし 水温25度

昨日、川遊び&BBQから帰ったその日、

自分は明日、釣りに行くと言うと、子達は、連れて行けと言う。

”夜中の2時にちゃんと起きたら、連れていったる!!”

侃兄ちゃんと葉月ちゃんは、しっかり起きました・・。

というわけで、親子3人で、五ヶ所湾へGO!!

3mの小さなボートに3人、浮力は十分なのですが、3人で竿を出すとなると

いささか狭く、おまけに子達は魚の取り込みも出来ないということで

今回、自分は遠慮して、子供メインでの釣行でした。


出来れば、40cmアジの引きを堪能させたかったのですが

あいにく今回、大アジは来てくれませんでした。

小アジ、小カイワリと遊んでいた葉月ちゃんが、急に大人しくなり

”酔った・・・気持ち悪い

そして、とうとう、うずくまったまま、動かなくなりました・・・・。

調子よく釣っていた侃兄ちゃんに、”しゃーない、引き上げよう”

f0060214_14312395.jpg

[PR]

by kazuo1955 | 2008-08-26 14:31 | 釣り  

2008年 8月11日 五ヶ所湾  波風なし 水温29度

もんどさんから、写メ付きのメールが届いた。

”五ヶ所湾で40cm近い鯵が釣れた~”



そんなん見せられたら、行くしかないやん!



夜中2時に起床。夜道を走らせ出船は5時前。

教えられたポイントに着いて、コマセをまく。

仕掛けは3号の太ハリスのサビキと1.5号のロングハリスの胴付きにオキアミ の2本竿。

鯵が回ってくるのを信じて、待つ事30分位か。

2本の竿先がほぼ同時に海中に沈んだ。

一つはあきらめ覚悟で、サビキのほうをとりあえず取り込んだ。

40には届かんが、でかい鯵。

胴付きのほうも、口切れ寸前で、どうにか盗れた。こっちも同サイズ。



しかし、鯵は、それ以降、音沙汰なし。

胴付きに、ハタマス、カイワリ、グレが飽きない程度に遊んでくれた・・。



アミコマセも、オキアミも底をついたので、キス狙いでポイント移動。

キスは、全く当たらない・・・・。

アカンかなと思ったその時、キス竿がグーーンとしなる。

かなりな引き。”肘タタキか!”

慎重にあげると、なんと・・・・・・中鯵。

なんで、鯵やねん・・・・。

魚探で探ると、鯵の群れらしき反応がそこいらで確認できる・・・。

けど、コマセは無いし、エサもゴカイしか無い・・・。



で、まっイイか。と、胴付きにゴカイをつける。

これに鯵がスゴイ反応。仕掛けが着底する前に食ってくる。

サイズは20cmに満たない小鯵だが、入れ食い状態が続いた。

あとで、捌くのを考えると苦になるので、そこそこで切り上げ、沖上がり~。

f0060214_874463.jpg

[PR]

by kazuo1955 | 2008-08-13 08:08 | 釣り  

2008年 6月15日 引本  波風なし 水温?℃

前回に続き、またもやエンジンのメンテ。前の釣行で、水のでが悪かったので、インペラ、ウォーターポンプをチェック。ボルトが1本折れているのを発見。修理しました。
この件は後ほどアップすることとして、その試運転を兼ねて、又、引本へ・・・・。

今回は、湾奥の、てるさんポイントをパスして、大アジを狙うために、湾口よりから出船。最初は、いつもの赤い灯台近辺。魚探にびっしり魚の群れが・・・・。
様子見で、とりあえず、小さ目のサビキをおとしました。すぐ、あたりがありましたが
小さい・・・。あの嫌なネンブツと確信して、そろそろ引き上げると、以外やアジです。しかし、小さい・・・・。10㎝にも満たない豆アジです。大きいのも混じるかと
我慢していましたが、豆、豆、豆。

もうこの頃から雨です。今回、不覚にも合羽を積まなかったので、ビショ濡れ・・。
雨は大丈夫だと思っていたのに、さすが、尾鷲ですわ。

ベイトの群れがいるということは、50㎝の大サバも入っているかもと、以前実績のあるポイントへ移動です。てるさんと話をしたことのある、35m近辺の根を山立てで必死に探しました。で、運良く発見!! すぐさま仕掛をドボン。着底してすぐ竿が海中にささりました。キター!! しかし、サバ特有のラインの走りはなく、上がってきたのは、25㎝をちょっと越えるくらいのアジでした。まあ、こっちのほうが良いか。


しかし、この日は、何故か、潮の流れが速く、35mの底から上げて、取り込んでいるうちに、ポイントはづれてしまいます。アンカリングすれば良いんのですが、ここは、大型船が行き交い、引き波がすごいのです。仲間がいれば、良いのですが、今回は単独釣行。無理は出来ません。ということで、1匹獲るごとに、ポイントへ入り直し。しかも35mだと、上げてくる最中に口切れも起こし、3匹ゲットの3匹バラシで、アジはどこかへ行きました。

で、アジは終了。次はキスを狙いにアジポイントの近くのo浦です。
前回、ピンばかりだったのですが、状況も変わっているだろうと予測。
第1投で23㎝、次に22㎝!! やるやん・・・・!!
ところが、その次からは、ピン、ピン、ピン。

大キス求めて、ポイント大移動。
しかし、この頃から、雨がスコール状態に・・・・・。

ええい!! もう止めや!! 10時30分 終了~。

f0060214_1040213.jpg
f0060214_10402287.jpg
f0060214_10404064.jpg

[PR]

by kazuo1955 | 2008-06-16 10:41 | 釣り  

2008年 6月1日 引本  波風なし 水温13℃

6月1日、エンジンの試運転を兼ねて、尾鷲のチョイ北にある引本湾に行ってきました。

当日、午前1時起床。誰も起きては来ませんので、独りでコーヒーを飲み、そそくさと支度。

高速代を浮かすために、鹿とご挨拶しながら、真夜中の山道をひたすら走ります。

4時前に現地到着。未だ、夜は明けてません。東の空がうっすら白みかけ、出船準備。

夜間航行灯が不必要になった状態で GO!!

風は無風。前方を見ると、水面一面に朝靄が立ち込めています。

鏡のような水面と、シンと静まりかえったベタ凪の中を

水冷2スト単気筒のヤマハのエンジンがパンパンと心地よく響きます。

エンジンの調子は良い・・・。
f0060214_9422289.jpg


ポイントに到着。いつもは、近くのレンタルボートでひしめく場所ですが、早い出船のため

今日は、1番のり。そして、一人占め。最初に、小さいサビキ仕掛けを落として様子をみますが

ついてくるのは、ネンブツダイばかり・・・。6本の針に6匹の鯉幟状態です。

本命の鯵が回ってくると、こやつらの、当たりが止まるはずです。我慢して待ちました。

その当たりが止まりましたので、そろそろかな?

出来れば、30㎝を越える鯵が欲しかったので、サビキ仕掛けと同時に

50㎝のロングハリス、メバル用9号の3本針にオキアミも落としました。

しばらくしますと、鯵特有の心地よい当たりが・・・・その胴つき仕掛に。

今回は、サビキよりも胴つきの方が良いみたいです。

ジアイ、30分で、終了。

残念ながら、30オーバーの鯵には巡り合いませんでしたが、25㎝前後の中鯵が10匹ほど釣れま

した。最後に、オマケでメバルも遊んでくれました。

次に向かうは、キスのポイント。先々週に釣り仲間が31cmの尺キスを上げた所です。

しかし、時節的にそうなのですが、当たりがあるのは10㎝くらいのピンばかりです。

当たりが分かりにくく、しかも、置き竿にかかるのは、どうしても針を飲み込まれてしまいます。

リリースも出来ずに、ニャンのごちそうに・・・。

結局、23㎝と20㎝を釣っただけで、エサが無くなり終了。

いつもエサは1パイしか買いませんので・・・・・。


キス釣りの最中、何所からかスズキ2馬力のタンデムボートが近づいてきました。

”あの~、2馬力隊の○○さんですよね” 

「はい、そうですが?」

”時々、HPをチェックさせてもらってます~”

「ああ、そうですか、ありがとうございます。最近更新してません・・・・」

と、海上でご挨拶。こういう時は、なかなか嬉しいものです。


ということで午前10時には沖上がり。

この日の釣果です。
f0060214_943429.jpg


その日の晩のメニューは

鯵の刺身、塩焼き、フライ  キスのフライ(奥さん用) で完食。

メバルはチルドルームへ、性転換前のキュウセンとピンキスはニャンの胃袋へ・・・。
[PR]

by kazuo1955 | 2008-06-02 09:45 | 釣り  

2008年 2月11日 引本  波風なし 水温11℃

2月の3連休。9、10日と雪が降り、道路も真っ白。スタッドレス装備のマイカーでも
夜中の峠越えはやはり、ためらいが出て、大人しくしていました。で、11日、道路の雪もなくなり、天候の抜群の予想。いても立ってもいられなくなり、引本へ向かって出発~。最近、鯵が続いていたので、今回は、根魚&越冬キス狙いにしました。現地7時頃の出船で、波風もなく、久しぶりに春を感じさせる陽気で、気持ちが良いです。とりあえず、近くの漁礁にアンカリング。すでに手漕ぎのボートが3艇、鯵狙いで着いていました。が、魚探には、何の反応もなく、先の3艇とも当たってない様子。で、自分は鯵を狙わず、ガシラ、メバル狙い。ガシラは結構釣れます。しかーし、10㎝クラスのものばかり・・・・。キャッチ&リリースの繰り返しです。いくら釣ってもサイズアップが見込めないので、越冬キスに切り替え。20~25mラインを根気よく流しますが、こちらもなかなか当たりません。ポイントさえゲットできれば爆釣も期待できるのでしょうが・・・・。結局3匹釣ったのみです。で、途中、もんどさんが来られました。なんでも、今回は”鯵一本勝負”らしいです・・・。 ”アチャー”。
キスもだめなので、途中で合流しましたが、やはり鯵は回ってきません。で、小ガシラ君はコンスタントに釣れます。もんどさんの、同伴の方が真鯛を取り込み寸前で逃がしたとか。オキアミ付けてみましたがこれも不発・・・。そうこうしている内に時間も過ぎて終了~。帰りにてるさんのお宅にお邪魔して、美味しいコーヒーをいただきました。てるさん、ありがとう。

f0060214_10213847.jpg
f0060214_10214852.jpg

[PR]

by kazuo1955 | 2008-02-14 10:22 | 釣り  

2008年 1月26日 引本  風強し 水温11℃

前回、南伊勢町で、悔しい思いをしたので、今回は、引本にいきました。ヤ○ーの天気をみると、波、風ともに2m。風は、のち0m。気温0℃から5℃。まあ、出られないことは無い・・。とはいえ、行きの峠道の凍結が心配でしたので、ちと、遅い目の出発。現地到着は7時頃でした。今回の狙いは、湾奥で鯵と越冬キス狙いです。最初、てるさんポイントで、鯵。魚探には反応が出ています。で、パターンはいつもと同じ。25㎝前後の中鯵が1匹づつ釣れます。1匹から3匹ほど釣ると15分~20分休憩・・・。でポツポツ釣っていると、沖のほうから、てるさんがやってこられました。で、海上でご挨拶。しばらく、並んで釣っていました。どうやら、てるさんのほうが型が良いようです。今回は何故かアタリが大きいものは全部バレます。針の違いかな?で、しばし一服。てるさんの船にあがって美味しいコーヒーをいただき談笑です。時間が経過するにつれ、あたる頻度が少なくなりました。昼に近くなり、再びカップヌードルをいただき
体が温まります。てるさん、ありがとう。で、鯵のあたりがかなり遠のきましたので、狙いをキスに変更。20m近辺をひたすら流しますが、アタリは1回のみ。それも、キスかどうかは定かでなく、バラしてしまいました。粘るにも、風が強くなり、寒さも身にこたえてきましたので、終了~。

(ヤ○ーの天気)・・・あまりアテになりません。

f0060214_9231694.jpg

[PR]

by kazuo1955 | 2008-01-28 09:23 | 釣り